住宅ローンの残債があっても不動産名義変更は可能?

住宅ローンの残債があっても債務者(金融機関)の了承があれば不動産名義変更は可能。ただし残債を0にするか借換えするかが前提で了承されない事も。

不動産名義変更って何?ソレに絡む複雑な問題の解決法のメイン画像

住宅ローンの残債があっても不動産名義変更は可能?

住宅ローンの残債があっても債務者である金融機関の了承を得られれば、不動産名義変更の手続きは可能です。

ただし残債をゼロにするか借換えするかの前提付です。

▼ローンの残債があっても不動産名義変更は可能。

結論から言ってしまうと、住宅ローンの残債があっても不動産名義変更は可能です。

住宅ローン名義は、金融機関からお金を借りた契約人(住宅ローン申込者)を指します。

法的な用語で言えば住宅ローンを借りた人は債務者であり、貸した人(金融機関)は債権者・抵当権者です。

債権者の合意を得て抵当権を一時的に外すことができれば、不動産名義変更の手続きが可能になります。

【関連】離婚や相続、売買などそれぞれで違う手続きは不動産名義変更手続センターが詳しく説明

▼残債をゼロにするかローンの借換手続きをするか。

ただし住宅ローンの残債がある場合は、住宅ローンの残債をゼロにすることが前提になります。

残債がわずかな場合は、売却した当該不動産の代金を使って精算することができますが、そうでないケースでは、新たな名義人が一定の審査を得て住宅ローンを引き継ぐか、同一人の名義か、別の手段で現金を用意することになります。

住宅ローンの借換を行なって金利を軽くする手段にも使います。

▼住宅ローンの残債があっても不動産名義変更の手続きは可能ですが、債務者との協議と承認が前提になります。

住宅ローンの残債が多額である場合は、銀行などの審査も厳しくなります。

不動産を買い替えるための不動産名義変更では、住宅ローンの借換手続きを行なって、従来の残債をそれに組み込みます。

不動産名義変更の理由によっては、債権者の了解が得られないこともあります。

Copyright www.cavycompendium.com.All Rights Reserved.

当サイト(不動産名義変更って何?ソレに絡む複雑な問題の解決法)の記事・画像などの無断転用を禁止します。